理念

知的財産を具現化し、その価値を最大化することで、より良い世界を。
Change the world better by embodying intellectual property and maximizing its value.

発明、デザイン、ブランド等の知的財産は、無体財産であり、目で見ることができません。しかし、そのような知的財産は、見える化(=権利化)することで、あなたのビジネスの鉾となり盾となります。

私達は、可能な限り広くて強く権利行使しやすい最高の権利を取得することで、知的財産の模倣を防ぎ、その価値を最大化します。

最高の権利を取得することで、あなたのビジネスを支援し、素晴らしい知的財産を世に広める。

これにより、世界をより良いものにしたいと考えています。

知的財産権を取得するメリット

模倣防止

知的財産を模倣した者に対して、差止請求や損害賠償請求をすることができます。
模倣を防止することで、競争力を維持することができます。

信用獲得

自社の知的財産が、特許庁の審査を通過した価値あるものであることを対外的にアピールすることができます。
これにより、自社及び自社商品の信用を獲得することができます。

優位性の確保

他社に対する優位性を確保することができます。
これにより、他社とライセンス契約等の交渉を行う際に、より強気に望むことができ、より有利な条件で契約を結ぶことができます。

こだわり

権利行使可能であること

私達の仕事は、お客様の知的財産を単に権利化することではありません。私達は、可能な限り広くて強い権利行使可能な権利を取得することにこだわります。

権利が狭くて弱い場合には、いざというときに権利行使することができないため、他人の模倣を抑止することができません。このため、知的財産を単に権利化することにあまり意味はないと考えています。

広くて強い権利行使可能な権利を取得することではじめて他人の模倣に対する抑止力を得ることができ、ライバル企業に対する優位性を得ることができます。

あきらめない拒絶理由対応

特許庁に出願をすると、審査官から拒絶理由が通知されることがあります。一見反論が無理そうな拒絶理由が通知されたとしても、私達は決してあきらめません

お客様が求める権利を成立させるためにベストを尽くします。拒絶理由及び引用文献を読み込み、ときには審査官にインタビューをして拒絶理由の真意を探り、ギリギリのところを攻めます。

お客様の利益が第一

何がお客様にとって最高の知的財産権となるのか?

それは、お客様のおかれているビジネスの環境、技術内容等によって異なります。

私達は、お客様のご要望、お客様のおかれているビジネスの環境、技術内容等を考慮して、最適な知的財産権をご提案いたします。

丁寧な説明

知的財産を権利化するための手続きは、ついつい難しくなりがちです。

私達は、

  • どのような制度があるのか?
  • どのような手続きが可能であるのか?
  • 各手続きのメリット&デメリットは?
  • おすすめの手続きはどれか?
  • なぜその手続きがおすすめなのか?

等についてできる限りわかりやすく丁寧にご説明&ご提案いたします。