特許情報取得APIのアクセストークンを取得するためのPythonスクリプトの例について

以下、特許情報取得APIのアクセストークンを取得するためのPythonスクリプトの例を紹介します。

なお、Pythonスクリプトを作成するために、以下の記事を参考にさせて頂きました。

特許情報取得APIのトークン取得

特許庁への利用者登録や、curlやVBAによるアクセストークンの取得については、上記の記事をご参照ください。

Pythonスクリプト例

 Python 3
import requests
import urllib.parse
 
# APIに送信する情報
headers = {'Content-Type': 'application/x-www-form-urlencoded'}
payload = 'grant_type=password&username=' + urllib.parse.quote('ユーザ名(未エンコード)') + '&password=' + urllib.parse.quote('パスワード(未エンコード)')
 
# API接続の実行
res = requests.post('トークン取得パス', data=payload, headers=headers)
 
# 表示
data = res.text
print(data)

注意点

ユーザ名(未エンコード)、パスワード(未エンコード)、トークン取得パスについては、特許庁から送られてくる「利用者登録完了のお知らせ」をご参照ください。

ちなみに、私の環境では、ヘッダーにHostを設定すると、上手く動きませんでした。このため、上記のスクリプトでは、ヘッダーにHostの設定をしていません。

この記事が、少しでもお役に立ちましたら幸いです。

-プログラミング