特許権でお金を稼ぐ3個の方法を説明【発明でマネタイズできるのか?】

特許を取ると?お金持ちになれますか?特許でお金を稼ぐ方法を端的に教えて下さい。

特許相談会でこのような質問を受けることがあります。

素晴らしい発明をすると、ひょっとしてお金を稼ぐことができるかも!?と誰しも思うものです。

以下、特許権でお金を稼ぐ3個の方法について説明します。

1.特許製品を自分で販売して稼ぐ

特許権を取得すると、特許権者のみが、その特許発明を生産、販売することができます。

言い換えると、特許権者以外の者は、特許発明を生産、販売することができません。

特許発明である特許製品を独占排他的に生産、販売することにより、その特許製品が産み出す利益を独り占めすることができます。

このように、特許製品を自分で販売して稼ぐというのが、特許権でお金をかせぐ第1の方法です。

2.ライセンス料で稼ぐ

自分が特許製品を販売することができない場合には、その特許製品を生産、販売したいという者に、特許製品の生産、販売についてのライセンスを付与することができます。

そのライセンス料でお金を稼ぐというのが、特許権でお金を稼ぐ第2の方法です。

3.特許権を有償で譲渡して稼ぐ

企業によっては、ライセンスの付与ではなく、特許権を譲渡して欲しいという企業があります。

このような企業に、特許権を有償で譲渡することによりお金を稼ぐというのが、特許権でお金を稼ぐ第3の方法です。

以下、特許権の有償での譲渡に成功した知人の話しを紹介します。

その知人は、互いにライバル企業である企業Aと企業Bのそれぞれに、特許権を有償で譲渡したい旨の申し出をしたそうです。

すると、その特許権が企業Bに渡ることを嫌がった企業Aとの間で、特許権の有償で譲渡の話しがまとまったそうです。

企業Bにその特許権が渡ってしまうと、企業Aは企業Bからその特許権に基づいて差止請求、損害賠償請求等の権利行使を受ける可能性があったようです。

4.注意点

正直なことを言うと、特許権を取得しても、その特許製品が売れるとは限りません

特許権を取得するよりも、売れる商品を作る方がずっと難しいからです。

特許製品が売れない製品の場合には、「1.特許製品を自分で販売して稼ぐ」ことはできません。また、この場合には、その特許製品をあなたの代わりに生産、販売したいと思う企業も現れないでしょう。

このため、この場合には、「2.ライセンス料で稼ぐ」ことも、「3.特許権を有償で譲渡して稼ぐ」ことも難しいでしょう。

このため、「特許権を取得=お金を稼げる」とは、思わない方がよいかもしれません

どんなに素晴らしい特許発明であっても、その特許製品が売れるためには、製品開発、マーケティング、営業等の努力が不可欠です。

5.まとめ

特許権でお金を稼ぐ方法として、以下の3個の方法があります。

  • 特許製品を自分で販売して稼ぐ
  • ライセンス料で稼ぐ
  • 特許権を有償で譲渡して稼ぐ

しかし、特許権を取得するよりも、特許商品を売る方がずっと難しいです。このため、特許権を取得したのでお金を稼げる!と安易に考えてはいけません。

ご参考になりましたら幸いです。

-特許

© 2021 ヨシムラトッキョ